薬で男性型脱毛症を脱出!

男性型脱毛症は放っておけば進行し、見るも無残な姿になってしまう。目を背けたくなる気持ちはわかるが、早めに薬で男性型脱毛症を治そう!若い人も年齢的にもう仕方ない人も、治るものを諦めるのはバカのやることだ!

脱毛症の男性とプロペシア

男性型脱毛症の薬を使ってハゲ改善!

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降に発症する薄毛や抜け毛などの症状ですが、男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が酵素「5αリダクターゼ」と結びつき、変換された物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって、発毛サイクルのが乱れることによって起こるといわれています。前頭部、こめかみあたりから徐々に薄毛が始まり、いわゆる「M字ハゲ」になったり、頭頂部が薄くなったり、また両方が禿げてくるなどの症状があります。遺伝性の要素が強いため、親族や親せきなどに薄毛や脱毛の症状がある場合には、体質を受け継いでいる場合が多いのも特徴です。多くの男性を悩ませているAGA(男性型脱毛症)ですが、治療法としては現在のところ、生活習慣の改善やストレスの回避などもありますが、近年になって、AGA(男性型脱毛症)の定番治療薬として、フィナステリドやミノキシジルという薬剤が開発され、症状の進行を食い止めることが可能となってきました。フィナステリドのおもな働きは、酵素「5αリダクターゼ」の分泌を抑制する働きがあるとされており、新たな脱毛を防いでくれる効果が期待できます。また、ミノキシジルには、すでに脱毛してしまった毛根の血行を促進し、拡張させる毛根をことで、再生をさせる効果があります。この2つの薬剤には、それぞれの優れた役割を期待することができ、「禿げさせないフィナステリド」と、「発毛させるミノキシジル」といった感じです。両方を併用することで、より早く効果を実感することができるでしょう。もしも、AGA(男性型脱毛症)が原因での薄毛の場合には、ほかのどんなに高価な育毛剤を使用しても、効果は期待できません。ご自身の体質に合わせて、少しでも早く適切な治療を行うことが大切です。